トレファク引越の口コミと評価/引越しと不要品買取りが1つに!

引越・買取・処分」を1度に行う事気出来る、近代的な引越スタイルでサービスを提供するのがトレファク引越です。

引越しで不要になる物を買い取ってもらえるので、今までのように不要品をリサイクルショップへ持って行く手間が省けて、とても楽です。

トレファク引越のサービスを以下に紹介します。

トレファク引越の評価

トレファク引越の評価は、管理人独自調査の5点満点中

管理人独自調査の中小引越業者オススメランキングでは、7位となりました。

順位 会社名・ポイント
1位

まつり引越サービス

4.74

2位

らくーだ引越センター

4.72

3位

KIZUNA引越センター

4.37

4位

シモツ引越サービス

4.35

5位

アクティブ感動引越センター

4.33

6位

アップル引越センター

4.31

7位

トレファク引越 

4.30

8位

隆星引越センター

4.24

トレファク引越の特徴

トレファク引越の特徴です。

見積り対応エリア

北海道、宮城県、山形県、福島県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、山口県、福岡県。

※引越し先は日本全国対応可能です。2018年7月現在対応地域拡大中。

引越・買取・処分を一括で

トレファク引越は、引越・買取・処分を一括で行うことが出来る、便利でお得な引越しプランを提供しています。

今までのように、引越し当日までに処分しなければいけなかった物も、引越し当日まで使用できます。元々、トレジャー・ファクトリーというリサイクルショップだけあって、とても便利な引越業者になっています。

便利なお手伝いサービス

引越し当日、引越し以外のお手伝いをしてもらえます。簡単な作業になりますが、照明器具の取付、ベッドの分解と組立(特殊な物は有料。)、テレビやステレオの配線作業などをお手伝いしてくれます。

トレファク引越のサービス内容

トレファク引越のサービス内容です。

基本サービス

項目 内容
ダンボール 最大50枚まで無料。
ハンガー専用ボックス 無料レンタル。
布団袋 無料レンタル。
テープ 無料。
養生

オプションサービス

項目 内容
ピアノの輸送 有料。

トレファク引越の口コミ

おすすめ 😛  40代男性 単身
下見に来られた方が、細かく運ぶものと不用なものを見て、不用なものについて即座に査定していただけたことが良かった
また、追加ででた不用品について、こちらで画像を撮影し、メールで送ったことで、買取可能の判断で引越料金がさがったことと、不用な布団についても無料で引き取ってもらえたことが嬉しかった。
他社に同様の見積をしたところ、不用品についてはほぼ引き取り料金が発生したこともあり、近距離の引越ではあったが料金的には妥当なものと思えた。
また、担当された引越会社の方が非常に気さくで気の利く方だったおかげで、こちらの想像以上に気配りをしていただき、非常に好感がもてました。
エリアによって担当される引越会社が変更になるような仕組みでしたが、担当していただいた会社は非常に良かったです。
コミュニケーションをとりながら親切に対応してもらった。

 

おすすめ 😛  30代男性 家族

見積りについて問合せした当日に家まできてくれた。

また、引越し当日の対応も大変丁寧で好印象だった

作業員が素早く丁寧に仕事していた。

引越し先の前面道路が狭く、近くの広い道から荷物を運ばなければならなかったが、最後まで丁寧に作業してくれた。

 

おすすめ 😛  40代女性 家族

次回の予定はないが、また利用したいし、紹介もしたい

下見に来て見積もりを取った方、実際に作業をしてくれた方、全ての方がとても感じ良かったし、親切でした

 

おすすめ 😛  30代男性 家族

作業員の感じがよく、テキパキと作業してくれた。

サービスに対する価格の満足度が高かった

引越し作業も愛想がよく、サービスもよかった。

 

おすすめ 😛  30代女性 単身

見積もりの金額と実際の金額に差がなかったので良かったです。

金額も他社の見積もりから大分安くして貰えました。

荷物が少なかったのでスムーズに終わりました。

当日に、不用品の回収と買取りをしてもらえたので、予め買取りしてもらいに店舗などに行かなくて済んだので良かったです。

他社の見積もりを出したら、かなり安くしてもらえました。

まとめ

「引越しって片付けとか、荷物の処分とか面倒だ。」という人には、合っているトレファク引越です。

買取りできない物が少ないので、家にあるほとんどの不要品を買い取ってもらえそうです。

引越しの理想といえるスタイルを持つ、トレファク引越にあなたの引越しをお願いしてみますか?