引っ越しは友達に手伝ってもらう?それとも引越業者がいい?

引っ越しを友達に手伝ってもらうか?

引越業者にお願いするべきか?

悩む方は少なくないと思います。

引っ越しは、荷作りをして、トラックで荷物を運び、新居で荷ほどき、やるべきことは沢山あります。そのため、友人や会社の同僚に手伝ってもらったり、引越業者にお願いしたりするのが普通です。

しかし、引っ越し作業は引越業者にお願いした方がいいと思います。

なぜなら、家財の破損・家の破損、追加のお金など、思わぬ出費が出てくる可能性があるからです。

ではなぜ、引っ越しを友人や会社の同僚にお願いしない方が良いのか、詳しく説明していきたいと思います。

引越業者に頼めば荷物が壊れても保険が効く

引っ越しを、引越業者にお願いした方が良い大きな理由として挙げられるのが、引っ越し作業中に運搬物に破損や傷がついてしまった場合です。

友人との引越し作業で破損してしまった場合:仕方がないとあきらめる。

 

いくら大切にしている物でも、引っ越しを手伝ってくれている友人に、弁償してくれとは中々言いづらいです。高価な物を持っている方は、特に気になる点になります。

対して、引越業者にお願いすると、

引越業者が破損してしまった場合:引越業者の加入している保険が適用される。

引越業者が指定した梱包方法にしてあれば、引っ越し中に荷物が破損しても、引越業者の加入している保険で補償されます。

高価な物をお持ちの方は、引越業者を選ぶときに、保険の限度額など確認しておくと良いでしょう。

標準引越運送約款によると、

3ヵ月以内に荷受人から通知がなければ消滅。1年を経過したときは時効によって消滅する。

 

と書かれています。

つまり、引っ越し後に荷物の破損や紛失に気が付いた場合に、3ヵ月以内に引越業者に連絡して、その補償等の話し合いも1年以内に解決する必要があるということになります。

一目でわかる大きな傷であればすぐに気が付きますが、目立たない場所の傷などは中々見つけられないかもしれません。

新居で一段落着いたら、家財に傷がついていないか一度見回ってみましょう。

引っ越しを友人に頼まない方が良い理由No.1

荷物の補償がある引越業者にお願いするのが良いでしょう。高価な家財を多く持っている方は、補償のしっかりした引越業者を選びましょう。

引越業者に頼めば家に傷が付かない

友人と引越業者の引越作業の大きな違いは養生です。

友人との引越し作業:養生しないで作業をするので家に傷をつけてしまう。

旧居で傷をつけてしまった場合、賃貸であれば修理代等、部屋を返す際に追加料金が発生してしまいます。

持ち家であれば、家の価値が下がってしまう可能性もあります。

新居への搬入時であれば、引越し早々傷をつけてしまうことになります。

友人との引越しにおいて、運ぶ物は梱包しますが、家に養生をすることは滅多にありません。

対して、引越業者はと言うと、

引越業者の引越作業:運ぶ家財・家に養生をしてキズが付かないようにして運んでくれる。

重くて運びにくいものでも、家に傷を付けることなく荷物を運ぶのは、とても大変なことです。

引越業者は、運ぶ物・搬出入する家に傷をつけませんし、もし傷がついても保険で補償してくれます。

『大切な家財を傷つけることなく運んでくれる』引越し料金よりも、安心感から引越業者を選ぶ人もいます。引っ越しのプロにお願いすれば安心ですし、友人とのトラブルを起こすこともありません。

引越業者に頼めば作業に無駄がない

引っ越しを仕事にしている人と、引っ越しを数年に1度やるかやらないかの友人たちとの違いは、引っ越しの作業時間にも大きな差が出てしまいます。

友人との引っ越し:やり方に戸惑ったり手順がわからなかったりで時間がかかる。

引っ越しのコツを知っている人が居れば心強いですが、人生において引っ越しはそう何度も体験することではありません。

滅多にないことなので、何から手を付ければよいのか悩みながらの作業は、時間がかかってしまいます。

対して、引越業者にお願いすると、

引越業者の引越し:作業時間も短く、テキパキと効率よく作業してくれる。

荷物を運びこむ部屋や場所を的確に指示すれば、手際よく引っ越し作業をこなしてくれます。荷物を手荒に扱うこともなく、安心してお任せできます。

引っ越し作業が早く終われば、その日のうちから荷物の開梱作業がどんどん進められるので、引っ越し後の時間の使い方に差が出ます。

引越業者に頼めば追加料金0円

引っ越しを、イベントの1つとして楽しみたい人たち以外の方には、よく考えてから引っ越しを決めて欲しい現実的な問題です。

友人との引越しの場合の例

運搬中の荷物破損により、買い替えなければいけない物が出来た。

・引っ越し中の食事代。引っ越しに使ったレンタカー代・ガソリン代。

・引っ越しを手伝ってくれた友人への謝礼。

・引っ越しでギックリ腰をしてしまった友人の治療費。

 

友人に、引っ越しを手伝ってもらうにあたって、

引っ越しを手伝いに来てくれる人に金銭的負担をかけない

のは基本中の基本です。

集合場所までの電車代・飲み物等、全ての金銭を負担しましょう。

そして、いくら仲の良い友人に引っ越しの手伝いをしてもらえると言っても、無償ではなく、必ず謝礼を払いましょう。

相場は1人5000円~10000円です。現金でも商品券・ギフト券でも失礼はありません。お礼を断られた場合は、引っ越し後、もしくは日を改めて食事をごちそうするのがマナーです。

引越業者で引っ越しした例

引越業者の引っ越し:オプションで当日追加料金が発生する様な事がなければ、作業員への心付け(現金もしくは飲み物等)で済みます。

事前に、見積もってもらった引っ越し料金で済むと言って良いでしょう。料金内で、作業を済ませてもらえるので安心してお願いできます。

結果

友人との引っ越しは、『引越業者にお願いするより結局高くついた』と言う話はよく聞きます。

総合的に、引越業者にお願いした方がお金がかからないので、引越業者での引っ越しをおススメします。

まとめ

友人や同僚との引っ越しより、引越業者にお願いした方が安く済んだと言う話を聞きます。

運搬中の事故等をとっても、保険のきく引越業者に頼むのが賢明です。

引っ越しには、引っ越し前から色々とやらなければいけない事があります。

正直、引っ越し準備に疲れた頃に、引っ越し当日を迎えてしまう方もいることでしょう。引っ越しの中心になる人がきつい日程にならないよう、引っ越しを済ませることが理想です。

引っ越し後にもやらなければいけない事はあるので、せめて引越作業だけは引越業者にお任せして、気を使う機会を減らしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です