引っ越し先のwifiはどうする?新居のwifi環境選び

最近は、自宅の電話回線を使わなくてもインターネットが使えるので、新居でのネット環境の選択肢が多いです。

モバイルwifiを使えば、free wifiの届かない外出先でもインターネットが使えます

管理人は現在マンションに住んでいます。マンション全体でNTTフレッツ光と契約しているのと、自宅に固定電話を引いていることもあり、NTTフレッツ光回線を使用しています。スマホがドコモなので、回線工事を無料でやって貰えました。NTTフレッツ光回線使用料は、月額約4400円くらいです。

ここでは、新居でのネット環境の選び方を考えていきます。

知っておきたい事

wifiをどれにするか選ぶ前に知っておいて欲しい事があります。

wifiとは?

「そもそもwifiってなに?」という方には説明が必要です。wifiとは、無線LANアダプターのブランド名なのですが、世間的には「無線でインターネットがつながる電波」的な感覚で理解していると思います。なので、

  • 自宅の固定回線から無線LANルーターを介して自宅だけでwifiを使うのか?
  • モバイルwifiを介して家の外に出てもwifiを使える環境にするのか?

という選択肢があなたにはあります。

モバイルwifiの接続距離は何m?

どれくらい離れているとモバイルwifiがつながらなくなるのか、実験してみた友人がいたので、答えを聞いたところ、「代々木公園でやってみたんだけど、直線距離で200メートルまでつながった!」と嬉しそうに言っていました。

実際モバイルwifiから、200メートル離れて使う状況の方は少ないと思います。これからモバイルwifiを使おうと考えている方には、頼もしい実験結果が出たと思います。

サクサク使うには下りの速度が重要

通信には、上りと下りがあります。上りはアップロード。下りはダウンロード。多くの人にとって重要なのは下りの速度です。下りの速度が遅いと、ダウンロードするのに時間がかかりストレスを感じます。

例えば、youtubeで動画を再生しようとすると、動画が重すぎてダウンロードに時間がかかり、中々動画が進まない何ていうこと今までにありませんでしたか? 下りの速度が速いとサクサクとネットサーフィンが出来ます。

ダウンロードするのに時間がかからなくするには、通信速度の早いwifiを選びましょう。

たっぷり使いたいなら使い放題を選ぶ

各メーカーコース設定があり、使用GB数によって料金が変わってきます。あなたの使う環境によって変わってくる部分ではありますが、4人家族で使うのであれば迷わず定額使い放題のコースを選びましょう。

メリット・デメリット

LAN工事

外出先でも定額でインターネットが使えるモバイルwifi

自宅でのネット環境として、回線式にするのか、モバイルwifiにするのか迷ってしまいます。ここでは回線式とモバイルwifiのメリットとデメリットを紹介します。

メリット デメリット
回線式
  • 安定してインターネットを使える
  • wifiだけでなくルーターから直接コードでつなげば回線スピードをフルに使える
  • スマホの会社と同じ会社の回線を使うと割引がある。
  • 料金が高い
  • 回線工事が必要
モバイルwifi
  • 外出先でも使える
  • 10台まで接続可能
  • 料金が安い
  • 電波が届かない地域がある
  • 高層ビルに囲まれていると電波が届くかわからない
  • 回線スピードをフルに活用できないことがある

管理人は、回線式を使っていますが、スマホはドコモを使っています。ドコモのキャンペーンで、回線工事が無料だったので回線式を選びました。自宅で固定電話を使っていなければ、モバイルwifiを選んだかもしれません。

部屋の中で、スマホの電波状況が良くない方は、モバイルwifiの利用環境の良くない可能性もあります。自宅が高層ビルに囲まれていたり、テレビの映りが良くないチャンネルがある方は要注意です。

私が現在住んでいるマンションも、高層ビルに囲まれていて数年前までスマホの電波環境は良くありませんでした。

ドコモの電波環境改善お客様サービスに電話しても、「その地域は電波が改善される予定はありません」とハッキリ言われてしまいました。

それが今では電波状況が改善されて、どの部屋でもつながりが良くなりました。最近では、モバイルwifiへの変更も考えています。モバイルwifiも、利用環境が良くなければ返品できる契約もあるので、試してからの解約もできます。

料金比較

料金の比較ですが、回線式の場合はスマホと同じ回線会社を使うと割引サービスがあります。

回線式

  • ドコモ:NTTフレッツ光
  • au:auフレッツ光
  • ソフトバンク:ソフトバンク光

と言うように、いずれも同じ会社と契約すれば割引サービスがあります。

ソフトバンクでは、スマホとネット回線が同じであれば1000円割引、家族一人ソフトバンクのスマホ利用者につき500円の割引があるみたいです。相当お得になりますね。

回線契約内容にもよりますが、何も割引がなければモバイルwifiよりも価格は高いです。私が、回線式無線LANですが、月額約4000円です。回線工事料金が大体15000円はします。キャンペーンなどで回線工事が無料にならなければ、この工事代金だけで回線式を選ばない方は多いと思います。

モバイルwifi

モバイルwifi

モバイルwifiは、契約競争が激しいので回線式よりも安く契約できます。

料金(3年間) 備考
Broad WiMAX 121,426円 Web購入&クレカ払いで18,857円割引使用時
GMOとくとくBB

WiMAX

111,260円 キャッシュバック最大40,900円使用時
回線式(ドコモ) 144,000円

※2018年4月現在

モバイルwifiは、キャッシュバックやキャンペーン時に契約すると安くなります。3WiMAXでは、auユーザーの場合30,000円のキャッシュバックがあります。モバイルwifiに於いても、ドコモ・au・ソフトバンクの回線を使用していたりするので、割引が発生するようです。

まとめ

あなたの使用環境により色々と選べるwifiです。

ストレスのないネット環境を求める方が多いと思いますので、口コミなど参考にして選んでください。引越業者探しと一緒で安かろう悪かろうとは限りません。

あなたに合ったネット環境を見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です