犬や猫などペットの引越しの仕方

あなたの引越しだけでなく、ペットの引越しも色々と準備しなければいけません。

新居への移動をどうすればペットに負担がかからないかを考えて、ペットのストレスを減らしてあげましょう

ここではペットの輸送方法を紹介します。

引越しする時の移動方法

ペットの引越しには3つの引越しの仕方があります。

・引越業者に依頼する

・ペット輸送専門業者に依頼する

・車や公共機関を使って自分で運ぶ

 

メリットとデメリットを表にして比較しました。

メリット デメリット
引越業者に依頼する ・手間が最小限で済む

・ペットに負担のかからない方法で運んでくれる

・遠距離の引越しの時に利用したい

・オプションなので追加料金がかかる

・運べないペットもある

ペット輸送専門業者に依頼する ・ペットに負担のかからない方法で運んでくれる

・ほとんどのペットを運んでくれる

・自分で探して連絡する手間がかかる

・料金がかかる

・運べないペットもある

車や公共機関を使って運ぶ ・飼い主と一緒なのでペットにストレスがかからない

・近距離の引越しには最適

・自分にもペットにも負担になる

・魚類の輸送には向いていない

ペットも運んでくれる引越業者を利用する

大手引越業者では、すでにオプションとしてペットの輸送を扱っています。

ペット輸送業者へ依頼する形になると思いますが、引越業者が間に入ってくれるので、連絡は楽です。

引越し時は、とにかく連絡や手続きが多いので、連絡先が増えないことがとてもありがたいです。

ペット輸送の専門業者に依頼する

ペットを運ぶ専門業者なので何より安心です。

引越業者と比べて、料金がどれぐらい違うかにもよりますが、動物園の動物を運ぶほどの経験豊富なペット輸送業者もあるので、無事にペットの引越しを済ませたい方には向いています。

以下にペット輸送専門業者を紹介します。

湘南ペットハイヤー エイチケイペットタクシー ワンニャンキャブ ヤマトホームコンビニエンス
料金

5kg以下のペット

(東京➝大阪)

32000円~

中型犬

(東京➝大阪)

59000円~

中型犬

(東京➝大阪)

39900円~

大型犬

(東京➝大阪)

45600円~

(東京➝大阪)

38000円~

対応ペット 犬、猫、その他小動物、爬虫類、魚類 犬、猫、その他小動物、爬虫類、魚類、昆虫 犬、猫、その他小動物、爬虫類、魚類、昆虫 犬、猫、その他小動物
補償・保険 お問い合わせください お問い合わせください
備考 ・ケージやリードを使用しない輸送が可能

・家族の同伴が可能です

・ペットホテルとの提携有り

・24時間365日年中無休

・レンタルケージの貸出有り

・専用車で輸送

・一時預かり可能

・動物園の生き物の輸送経験が豊富です

・レンタルケージの貸出有り

・専用車での輸送有り

2017年12月現在の情報です。

ペットを自分で輸送する方法

ペットの為を思うと一番良い運び方だと思います。

移動の間に寂しがったりした時に、家族の声が聞こえるとペットも少し安心してくれるので、ペットのストレス軽減につながります。

引越し自体が、ペットに相当ストレスを与えるので、移動の間に家族の声が聞こえると、寂しさもまぎれそうです。

まとめ

管理人も3回猫との引越しを経験しています。

いずれも東京都内での引越しだったので、猫たちは車とバイクでケージに入れて移動しました。

移動途中、赤信号で停止するたびに猫に話しかけられるので、

「もうちょっとだよ」

「心配ないよ」

声をかけてあげました

声が聞こえると猫も少しだけ安心するので、移動中はなるべく落ち着いた声で優しく話しかけてあげましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です